テスト03

2017/09/27

  

 

 

 

ノーマル四間飛車に46銀左(斜め棒銀)戦法で仕掛けた時、▲24歩△同歩をせずに▲34歩△同銀▲38飛車とまわるのは先手不利。そこで、▲24歩△同歩として▲38飛車とまわる。

55KIN00.png ▲24歩△同歩▲38飛車△45歩▲33角成△同飛車▲22角△46歩▲33角成△37歩▲同飛車△36歩▲34馬△37歩成▲同桂△47歩成▲同銀△39飛車▲41飛車△88銀▲49歩△51金引▲61馬△同金▲62銀△同金▲71銀△92玉▲62銀なり△33角▲55金

 

 

 

55KIN.png

これは、先手よしという定説。したがって、後手は上の変化は選ばない。

▲24歩△同歩▲38飛車のとき、△45歩としたため後手が悪くなった。そこで、ソフトとかは

▲24歩△同歩▲38飛車△43金とする。以下、

(?)▲34飛車△同金▲43銀△45歩▲32銀成△88角成▲同玉△46歩は後手勝ち

(2)▲35銀

先手を持って指しきる自信はない。歩が一個ないのが大きくて先手指しづらい。

4KYUUKATNAI.png

 

 急戦に対して、振り飛車が一目散に穴熊に組むのも有力。居飛車が振り飛車を崩せる自信はない。

 

 

4ANAKYUU.png

 

以上の理由から、最近4間飛車に対して46銀左急戦を見なくなった。居飛車側は4間飛車には何も考えず穴熊が最善だからである。