新しい車

2018/07/06

コロラドの傷心のパルから「最近、どう?」とLineがきた。

そうねぇ~、6歳の息子が発熱7日で音楽会をスル―したこと

以外にはこれといって、特に何も…と思っていたら、

ありましたよ!ビッグニュースが。

「車が変わりました」。

軽四から乗用車に、ミッションからオートマに!

「オートマは楽よ~。」とみんなに言われても、教習車でも

1度運転したくらいのオートマ、

かれこれ3台、ミッションばかりだった。

アクセルとブレーキ踏み間違えたらどうしよう…

駐車場でることなく、どこかに突っ込んだらどうしよう…と

心配していましたが、

「慣れるなら、若いうちに」ということで、ぎりぎり若い?

あら、やっぱり私はまだ若い?と嬉々としてしまったけれど、

「屋上駐車場から飛び降りたら、どうしよう?」と最後まで心配した。

夫に、「どこの屋上駐車場?」と聞かれ、

え~っと…私の行く範囲では屋上駐車場はなかった…。

どれだけ田舎なんだ…。

馬力もエンジンも全く気にしない私と、

安全性からなにもかもにうるさい夫、もちろん夫主導で決まった。

夫が外せない条件、”サイドエアバック”。

そして、中古車を探すこと数カ月、ついに夫の希望の車が手に入った。

…誰が乗る車だっけ?と思うくらいの気合で購入した車、

前より大きくなったし、オートマだし、さぞかし運転しにくいだろうと

思いきや、すこぶる運転しやすい。

「感動した!」と、どっかの首相なら言うね、軽~く。

馬力なんて、飛ばさない私には関係ない、

エンジンなんて、どれも一緒よ~と思ってましたが…

「その節は、大変、失礼致しました。」と謝りたいほどに違う。

運転が車ひとつでこんなに楽なのか?!という衝撃を受けましたよ。

ただ、いままでギアを持っていた左手、クラッチを踏んでいた左足が

暇で暇で…「運転している気がしない」と運転していても思う。

運転がしやすい!なんだか、ものすごく運転が楽に感じる!と

夫に話すと、「エンジンの大きさ」を言われる。

エンジンの大きさ?そうなのかな?

それも大きいだろうけれど…と運転していて気付いた。

まくられないからだ!

(まくる=前の車に接近して走るうっとうしい走り方)

スピードは前の車より出てません、

慣れてないから怖いもの~と教習車並の運転速度なのに

前の軽四のときとは違いまくられない。

・・・軽四っていうだけで馬鹿にされてたのね~と

気づいた。

コロラドの別のパルはいまトヨタのカムリに乗っているらしい。

カムリはアメリカで一般的な車なのよ、と。

カムリ…車に詳しくない私は全く知らない名前だったけれど、

夫は「カムリはアメリカで売れているらしい」と。

へぇ~。

しかし、カムリって、あの平家が使っていたというおかっぱ頭の

子どもたちのことよね?なんでトヨタはその名前を?と

夫に聞くと、

「それ…かむろ。」と冷静に指摘された。

・・・コロラドのパルに日本の歴史でカムリは~なんて、

語ってなくて本当によかった!

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村