*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

<C#>
System.Threading.Timerサンプルにおいて、AutoResetEventクラスを使うサンプル例2の第2ステップ

 --- スレッド間のデーター通信に、マルチスレッドの手法を用いているが、処理結果が、一度にまとめて出力されるNGサンプル」のコード No.5


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

.






元のページ


元ページ

「<C# > System.Threading.Timerサンプルにおいて、AutoResetEventクラスを使うサンプル例2の第2ステップ

 --- スレッド間のデーター通信に、マルチスレッドの手法を用いているが、処理結果が、一度にまとめて出力されるNGサンプル」
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n347303

記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。






本ページの前のページ


System.Threading.Timerサンプルにおいて、AutoResetEventクラスを使うサンプル例2の第2ステップ

 --- スレッド間のデーター通信に、マルチスレッドの手法を用いているが、処理結果が、一度にまとめて出力されるNGサンプル」のコード No.4
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n351490

記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。






本ページの次のページ


System.Threading.Timerサンプルにおいて、AutoResetEventクラスを使うサンプル例2の第2ステップ

 --- スレッド間のデーター通信に、マルチスレッドの手法を用いているが、処理結果が、一度にまとめて出力されるNGサンプル」のコード No.6
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n351492

記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。















はじめに


元ページの

「<C#> System.Threading.Timerサンプルにおいて、AutoResetEventクラスを使うサンプル例2の第2ステップ

 --- スレッド間のデーター通信に、マルチスレッドの手法を用いているが、処理結果が、一度にまとめて出力されるNGサンプル」

におけるコードをここに記述します。








コールバックメソッド引数用クラスのソースコード





using System;

using System.Collections.Generic;

using System.Linq;

using System.Text;



// System.Threading.Timerサンプルにおいて、AutoResetEventクラスを使うサンプル例2の第2ステップ

//  --- スレッド間のデーター通信に、マルチスレッドの手法を用いているが、処理結果が、一度にまとめて出力されるNGサンプル

namespace ThreadTimerAndAutoResetEvent_Sample2_Step2

{


    // ************************************

    // ************************************

    // コールバックメソッド引数用クラス

    //  --- タイマースレッド用コールバックメソッドにおける引数としてのデーターです。

    // ************************************

    // ************************************

    public class TimerCallbackMethodParameter

    {

        // コールバックメソッドに引き渡すユーザー用パラメーラー

        public object UserParameter;



        // invoke回数のカウンター

        public int InvokeCount;

    }


}









さいごに


本ページの内容説明については、元ページを参照して下さい。