都営新宿線岩本町にて、都営10-000形。最近は九段下で都営新宿線に乗り換えるのがマイブームです。早く着く気がする。あと、秋葉原駅付近に洋画あるときはこれだなと思ったのもひとつ。

千代田線表参道駅にて、E233系2000番台。ドアは爆音気味だし、VVVFの「黒板引っかいたっぽい音」感がひどい気がするし、個人的にイマイチな印象。でも、ここ1年ぐらいで千代田線を走る車両はだいぶ新しくなったなぁと思うのでした。

※記事の末尾に情報提供フォームがあります。

f:id:kinotoshiki:20170427232749p:plain

ネオナチ YouTuber の正体が徐々に明らかに

前回の記事の続報です。

www.from-estonia-with-love.net

記事中で紹介した「国家社会主義者のサラ」を名乗る YouTuber ですが、当人を名乗る人物から記事ついて次のようなコメントがありました(現在は非表示にしてあります)。

f:id:kinotoshiki:20170428000540p:plain

本人のものだったとしたら相変わらず不遜な態度ですねえ。

この「国家社会主義者のサラ」ですが、冗談でもなんでもなくガチでナチス思想の喧伝を企図している危険人物のようです

<2017年8月8日追記 『サラのチャンネル』は YouTube 運営により利用規約違反と判断され無事閉鎖されました。通報にご協力くださった方々どうもありがとうございました> 

www.youtube.com

アップロードしている動画も確認した限りではすべてがナチズム、反ユダヤ思想のプロパガンダです。こちらの動画では自身がナチス式敬礼をしていますね。

f:id:kinotoshiki:20170427231928p:plain

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=SXTPus9k1Ow

さらには日本語で反ユダヤ思想のフェイクニュースサイトまで運営してやがるようですね。

nazichannel.com

さらに、このニュースサイトの運営のために PayPal を通じて金銭的支援を募っているようです。

国家社会主義者のサラです。
現在、ニュースサイトを作成しようと考えています。
もしよければご支援いただければありがたいです。
https://paypal.me/nazichan⇦こちらが振り込み先です。
引用元:https://www.youtube.com/channel/UCsN_RA8jolMj31cl33GxTHw/about

ただし PayPal アカウントの名目は「日英翻訳サービス」となっているようですが。

www.paypal.me

さらにこのネオナチ、Twitter でも反社会的な書き込みを大量に行っております。

twitter.com

そしてやっぱり桜井誠(本名:高田誠、元・在特会会長、現・日本第一党党首)、せと弘幸(日本第一党最高顧問)といった日本を代表する凶悪レイシストたちの発言をリツイート。

f:id:kinotoshiki:20170427233711p:plain

f:id:kinotoshiki:20170427233724p:plain

 てか、ネオナチせと弘幸のブログを見てみると、せと弘幸と「国家社会主義者のサラ」は以前からやり取りをしているようですな。せとによると「彼女と今後一緒に提携して様々な事をしようと考えていた」のだそうな。

 せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』:Sarah(サラ)ちゃんが消された。(1))

 ……ということで、これはどうやら「ガチのナチ扇動屋が日本のインターネットユーザー向けに日本語でナチス思想の喧伝を行っている」「しかも日本の有名なネオナチ『せと弘幸』と組んでいる」という極めて悪質な事例のようですねー。

(せと弘幸の正体)

ナチズムを地球上から完全抹殺することは我々善良な市民の務めですから、こういった悪質な扇動屋については、社会的制裁を受けていただくのがよいとわたしは思っています。

「国家社会主義者のサラ」についての情報をお寄せください!

せっかく乗り掛かった舟ということで、当ブログにてこの危険人物「国家社会主義者サラ」についての追及を続けることにしました。

つきましては、この人物についてのさらなる情報をみなさまからお寄せいただければと思います。

下に情報提供フォームを用意いたしましたので、ぜひ情報をお寄せください。

※情報提供者の方の秘密につきましては厳守することをお約束いたします。

goo.gl

「日本はすでに経済大国ではなく、たまたま人口が多いだけのただのアジアの島国」

前回発表しましたこちらの記事なんですが、かなり多くの方に読んでいただいたようで、現在までに38万ほどのアクセスがありました。関心の高いテーマってことなんでしょうね。

www.from-estonia-with-love.net

「ヨーロッパから見ると、日本の衰退ぶりはかなり顕著に映るみたいだよ」という趣旨の記事なのですが、どうやらこれはヨーロッパからの視点に限ったことではないようです。アメリカ在住という方から次のようなご意見をいただきました。

アメリカ在住で、IT関連の仕事をしていますが全く同じことを思います。 日本は低賃金で付加価値の低い作業を間違えずに行ってくれる、都合のいい国のイメージ。 これはアメリカでは常識になりつつあります。 高付加価値の仕事はもっぱらアメリカ系、インド系、アジアだと中国、韓国の人が担っています。 もちろん賃金も1000万円とか2000万円はザラで、年収600万円でまともな仕事をしてくれる人なんかほとんどいません。 日本はすでに経済大国ではなく、たまたま人口が多い、原発問題を抱えた、ただのアジアの島国ですね

id:djooさん)

太字による強調筆者

わたしはアメリカの情勢についてもIT業界についても全然わからないんですが、そんな感じなんですかねー。アメリカから見たオフショア先としての日本の労働環境って、

「日本人労働者って使いやすくて便利みたいだよ。めちゃめちゃ低賃金で雇えるし、休みを与えなくてもいいし、サービス残業もよろこんでやってくれるし、他の国の労働者だったらストライキを起こされそうなレベルで扱ってもぜんぜん文句言ってこないから、安心して好きなだけ使えるんだって ^^」

みたいな感じに映ってるってことなんでしょうか?(笑)

そういえばこの件、「日本人の働き方」の問題に関連付けていらっしゃる方が多かったですね。

そうなんですよねー。なんというか、日本人の「働き方」って、諸外国と比べると非常に特殊に思えるんですよね。

大陸ヨーロッパの労働者の「ユルい」働き方

わたしが住んでいるエストニアの首都、タリンでのお話をします。

中世の街並みがほとんどそのまま残っているという希少さから、ユネスコの世界遺産に登録されている「タリン歴史地区」の中心部に、「ラエコヤ広場」という場所があります。タリンへの観光客が必ず訪れる名所です。

現場の写真をどうぞ。

f:id:kinotoshiki:20170423040047j:plain

ある日、この広場にオープンカフェを構えるレストランにエストニア人の友達数名と入ったんですね。夕方に差し掛かった頃だけれどもディナーにはちょっと早いかな、といったような中途半端な時間だったので、オープンカフェのテーブルについた客は私たちを含めて数組でした。

2人いたウェイターたちもわたしたちの注文を取ったあとは暇そうで、お盆を持ったまま突っ立っていたんですけど、そのうちにウェイターの一人が「お盆を人差し指でくるくる回し、そのまま放り投げて相方のウエーターにキャッチさせる」という染之助染太郎的な芸を披露し始めたんですよね(笑)

で、彼らの曲芸が意外にそこそこ上手くて(それまでにも手持ち無沙汰をそうやって埋めてたんでしょうね・笑)、なんか動作もおかしくて、わたしたちオープンカフェの客たちもキャッチが成功するごとに、やんやの喝采を送ったのでした。

そのときにわたしは思わず同席のエストニア人の友達に言ったんですよね。

「もしも日本のレストランでこんなふうにバイト従業員が遊んでたら、クレームをつけられるだろうね(笑)」

と。これが日本のファミレス・チェーンの一店舗だったら、テーブルに備え付けてある「お客様のご意見をお聞かせください」みたいなカード(わたしはこんなもの日本以外では見たことがないですが)に、

「お客様の目の前でアルバイトがお盆で遊んでいるのはいかがなものでしょうか」

みたいなことを匿名で書かれるだろうなー、と(笑)

こっちの人たち(=わたしの観測範囲である『大陸ヨーロッパの人たち』)って、日本に比べてずっと働き方がユルくて、給料に見合ったレベルでしか労働しないんですよね。日本のフリーターは低賃金でもかなり高度な労働をやってくれますが、大陸ヨーロッパではそうはいかないんです。時給に相応なレベルの働きしかしてくれないんですよ。日本のコンビニ店員やレストランの給仕が900円とか1000円とかの時給であそこまで従順に働いてくれるなんて、驚異なんですよね。

エストニアでそのへんのカフェに入ったら、勤務時間中のウェイトレスが携帯電話でおしゃべりに夢中だったりしますからね(笑) たとえば、わたしがカウンターの前に立ったところで、

「あ、お客さん来ちゃった。あとでかけ直すね。……うん。えー、もちろん。じゃあ次の週末に。……うん。……愛してる。えっといまお客さん来ちゃってるから。チャオ!*1」

と会話を終えてから、やっとこさ

「テレ・トゥレマスト!*2」

と言って接客をしてもらえる、みたいな(笑)

お客の側とすれば、給仕がお盆を回してようが、注文を決めるまでにウェイトレスが携帯電話で話していようが、別にどうでもいいわけですよ。そんなことにまでいちいちクレームを付けようとも思わない。何の得にもなりませんしね。

「不合理な労働形態」を「根性」でカバーするのが大好きなカッコイイ日本の労働者のみなさん

なんというか、日本特有の労働環境のヤバさというかグロテスクさって、上で述べたような接客業に限らずあらゆるところに表出してますからねえ。

大陸ヨーロッパのスーパーマーケットに行くと、レジの担当者はたいてい椅子に座って仕事をしています。コックやバーテンダーとは違って立っていなければできない仕事ではないので、起立して業務する必然性がそもそもないのですが。でも日本のスーパーマーケットだとおばちゃんが立ちっぱなしで働いていたりするでしょう?

さらに、レジのカウンターにはベルトコンベアーが設置されているので、日本のスーパーのレジに比べれば体力の消耗具合が数割違うんじゃないでしょうか。

(こういうやつね。いまの日本でも外資系スーパーマーケットにはあったりするのかな??)

supermarket belt conveyor - Google otsing

でもね。日本の労働者のみなさんは 「合理化」みたいな発想がとことん嫌いなわけでしょ。「便所掃除をやるなら、便器は素手で磨け!! そのほうが精神が鍛えられる!! トイレの神様バンザイ!!」みたいなのが大好きなんですよね(笑)

「どれほど劣悪な労働条件でも、それを根性・根性・ド根性で耐えるのが日本人労働者の美徳!! ほうれ残業残業残業!! 休日出勤休日出勤休日出勤!!」とか言って自主的に休日返上したりサービス残業したりする分にはいくらでも勝手にやってくれていいと思いますが(安上がりな労働力として使役するぶんには都合がいいですからね)、ただし、「そういう考え方ではない人たち」を巻き込むのはやめさせていきたいですよね。

*1:Tšau!(じゃあね!)

*2:Tele tulemast!(いらっしゃい!)

 朝7時とは、殺生な┐(´д`)┌

 

FIRE BEATをガンガンならし、何とか駅から飛ばして帰宅も7:04(´-д-)-3

 

さて本題!

 

昨夜発砲されたエイベックス砲●~*

⇒BLOG | Kis-My-Ft2 Official Website

 

f:id:na--mama:20170210060117p:plain

 

朝一各局7人の花婿姿が解禁された!(^^)!

 

花びら*・゜゚・*:.。..。.:*・(*゚▽゚*)・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 募集ありませんm(_ _"m)

 

玉ちゃん怒らないで.。o○

 

ニカちゃんは、拾いませんd( ̄ ・ ̄)

 

 

f:id:na--mama:20170210070849p:plain

では、エイベックスからの「INTER」第一弾MV「君のいる世界」

お楽しみくださいませ●~*

凍えるからだ あっためてもらいましょう~・*・~☆*:・°★:*:・°~・*

⇒MOVIE | Kis-My-Ft2 「君のいる世界」.。o○  どうぞ~   

         f:id:na--mama:20170201212456p:plain

     f:id:na--mama:20170201215919p:plain

今更想う・・・・

 

花婿さんだったのね~ヽ(*´∇`)ノ

タキシード・・・・だったのね~(; ̄︶ ̄)

 

ではみなさん.。o○

心だけでもほっこりと●~*

キスマイと共に、

 

いってらっしゃいませぇ~୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

namama.hatenablog.jp

 

BUMP OF CHICKEN 新曲「コロニー」公式YouTubeフル動画PVMVミュージックビデオ、バンプオブチキン

 

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)とは

1994年デビュー。

 

グループ名は「弱者の反撃」という意味らしい。

 

全員が1979年生まれで千葉県佐倉市出身。

 

「コロニー」は映画「寄生獣 完結編」主題歌として書き下ろされたナンバーで、MVは映画「寄生獣」主題歌「パレー­ド」のMV同様に、山崎貴氏と八木竜一氏によるタッグで制作。映画 「STAND BY ME ドラえもん」で第38回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞したコンビ­が、再びBUMP OF CHICKENの楽曲を彩る映像世界を作り上げました。

MVでは、「コロニー」をバックに演奏するメンバー4人と、荒涼とした大地を歩く巨人­の姿が描かれます。世界最高レベルのVFXによって表現された映像とBUMP OF CHICKENの演奏シーンが化学反応を起こしたドラマチックで壮大な内容を、ぜひお­楽しみください。

 

コロニー / Hello,world! (初回限定盤)

Hello,world! / コロニー (期間限定盤)

Hello,world! / コロニー(通常盤)

 

 

パレード

パレード

  • BUMP OF CHICKEN
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

www.youtube.com

どうも懐古厨です。



私はポケモン世代で今も昔も一番好きなアニメは初代ポケモンです。無印ポケモンです。



さて今回の「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は見る勇気がないのですが、なんだか否定派と肯定派に分かれている気がします。

見る前は否定派だった人も公開後、実際見てみてほしい!という意見も現れ。

しかし私はどうにもこうにも受け入れられず・・・。ほとぼりも冷め始めた頃なのでちょっと書こうと思いました。


  • キミにきめた!はカスミとタケシを排除する必要が本当にあったのか?
  • 最近のアニメの傾向
  • 主人公が同じはずなのに。
  • 新シリーズが発表されるたびに、歴史が塗り替えられるような気がしてしまう悲しみ
  • 予告編の古参向けに見せかけた策略
  • まとめ:察するに、無印ポケモンオタク向けの作品ではない。



f:id:misallychan:20170812003823j:image

キミにきめた!はカスミとタケシを排除する必要が本当にあったのか?

私は根っからの初代ポケモンアニメ好きで首藤剛志信者です。

初っ端から絵も帽子も違ったので期待はしていなかったのですが、気になってはいました。



しかし、世界観をぶち壊されます。。。

カスミとタケシがでなければ、違う地方のポケモンが登場する。

な、なんだこの世界は…昔の話をするはずなのに…どうしてこんな。





今のポケモンがどうだからとか話のコンセプトがどうだからとかそんなの昔のポケモンが大好きな私にとっては知ったこっちゃなくて、もちろん今のポケモンしか見てない人は昔のポケモンとか知ったこっちゃないんだろうけど少なくとも昔の話に遡るくせに、そのわりに、時系列とか世界観とかぶっち壊してきてる気しかしません。



だからどうしても否定的。ポケットモンスターという初代の名前をそのまま使うのもいかがなものかとさえ思ってしまいます。

だからなんだかやっぱりどうしても良かったって話を聞いても見れません。



この状況下で今も私は駄々をこねているわけです。



最近のアニメの傾向

ポケモンに限ったことではないのですが、アニメ全盛期を取り戻すかのようにリメイクが出ています。

デジモンアドベンチャーtriとかまじツライ。ファンだから一応3まで見たけどキャラにらしさがなさすぎてクソおもんなかった。



ポケモンゲーム自体もカントーのポケモンを進化させたり。

最近のポケモンはさっぱりなのでわかりませんが。。



リザードンの進化は・・・私的にはナンセンスすぎた。

ポケモンの不思議としてはわかるけど、○周年というのがあるからなのか、ネタ切れなのか、過去の栄光にすがっているのか・・・・大人の事情があるようにしか思えない。



主人公が同じはずなのに。

以前も投稿していましたが、ポケモンのもったいないところは水戸黄門的アニメになってしまったところです。




アニメ「ポケットモンスター」という作品は大衆化され消費されてしまったと思う。

なあなあにパターン化された1話完結の話が続く。有名になってしまったからこそ、「本当に良い話」「物語の本質や訴え」をファン以外が知ることもなく、興味を持つきっかけもなくなり、ポケットモンスターという名前だけが一人歩きしてしまう。

本当はデジモンアドベンチャーのようにコアなファンが存続し、正当な評価を受けるべきだったように思う。

こんなに面白い作品なのに面白い話を知られずに名前だけが有名なのが本当に悲しい。だったらちゃんと完結して欲しかったと思えてしまうのが私のエゴ。

長く続いてしまったせいでファンも離れ、話が完結せずに主人公はサトシとピカチュウのままにシリーズだけ移り変わっていくもどかしさ。

「思っていたポケモンとは違った」想像を絶する設定に驚愕。脚本家・首藤剛志の描く小説版ポケットモンスターThe Animation - misallychan.com



人気を博した結果だけれど、サトシとピカチュウはそのままに、サトシはどんどん昔のサトシじゃなくなって、ピカチュウもただの聞き分けの良いポケモンになって、、、



世界軸・時間軸がないようで実はダイヤモンド・パールの時代まではちゃんとあったはず・・・。アドバンスジェネレーションまでしかちゃんと見てないけれど。

どんどんなくなってって昔のキャラが出ていた時代も終わり・・・

リザードンが出てきたりとかもあったけどなんか・・・こう・・・違うんだよなあ。


おそらくプリキュアとかガンダムとか、同じシリーズでも毎回はじめからで主人公は違っていて、私はポケモンだってそういうので続けてくれればよかったのになって思ってしまうのです。もちろんサトシとピカチュウ、ロケット団に会えないのはつらいけれど、でもそう思うのです。

新シリーズが発表されるたびに、歴史が塗り替えられるような気がしてしまう悲しみ

何が嫌ってよく考えれば私は映画に限ったことではありませんでした。

私はカスミが大好きなので、歴史が塗り替えられてしまう感覚が常にありました。


年を追うごとにカスミの存在がなかったかのようになっている気がして・・・

それが本当に寂しくて仕方ないのです。

今までマサラタウンに帰るたびにサトシの家で待っていてくれたのになあ。

(カスミの話は追々したい。。首藤剛志が一番キャラが薄いと言い放ったカスミのことを私は今でも一番好きでいる)





懐古厨うざいという話が出ているのは承知していますが。

「良かった」って感想を言ってる人が多ければ多いほど、初代のポケモンがどんどん遠のいて行ってしまう気が。。。。


しょうがないことなんでしょうけど、受け入れられずにいます。受け入れられたのはAGくらいですね。


予告編の古参向けに見せかけた策略

今回のキミにきめた!は、ターゲットが20代とされていますね。

あの頃ポケモンを見て、やっていた世代。

それがひしひしと伝わります。


しかし、過去にすがるわりに、過去を突き放すような演出がすごいんです。



なぜならキミにきめた!の予告編・・・



最初の予告

【公式】劇場版ポケットモンスター キミにきめた!予告1

あたかもリメイクであるかのように仕立て上げていて、、、

この予告が出ていたときは期待の声も多く上がっていました。

しかし、予告編2ではまさかの裏切り。全くもって昔のキャラは出ません。




【公式】劇場版ポケットモンスター キミにきめた!予告2



20代に見てほしいと謳っている割に、

本当にポケモンが大好きだった20代を侮辱するような歴史の改変。

(これはいろんな意見があるけれど私は率直にそう思いました)




「一部脚本首藤剛志」との表記があったらしいけどこれってどうなんだろう。どこに彼の意思が生きるのか、彼が生きていない今となっては何もわかりません。

まとめ:察するに、無印ポケモンオタク向けの作品ではない。

良かったという話はたくさん聞きます。

文句を言わずにまず見てみろとも思います。

でも見てしまったらどうしても受け入れてしまうような気がして。なんだかそれはできなくて。



なぜ、あの頃のポケモンを改変する必要があったのか・・・・





もしかして、あの頃子供だった私たちが、今の新しいポケモンたちを受け入れるために作ったのだろうか?





売りたいのは今とこれからのポケモン。

昔のポケモンを知らない子供たちのためにこういう改変が必要なのかとばかり思っていたけれど、ポケモンGOも出てどう考えても昔のポケモンは改変なんて必要なくそのままで受け入れられたはず。



だったら、もしかしたら、そんな今のポケモンから離れた大人たちに向けて作った作品なのかもしれないなあ。



もちろんそのターゲットに、古参で今でも無印ポケモンを愛して追っかけている私なんかは含まれておらず、消費者にも成りえないので、そんな私にとっては思ってたんと違う作品になったのかもしれないなあ。



どんな名作も、売れなきゃならないですもんね。




www.misallychan.com
www.misallychan.com

暗号解読

2018/01/28

サイモン・シン、新潮社。「フェルマーの最終定理」で切れ味良いライト・サイエンスを展開した筆者の、暗号史に関するライト・サイエンス。といっても、暗号の歴史だけではなく、実際の暗号技術への深い突っ込みや、現代暗号史の生き証人たちへの積極的なインタビューなど、とにかくドキュメンタリーとしてのレベルが高い。
暗号解読の理論・歴史というベースの部分と、暗号が(やはり主に戦争において)使われた実際の事例の部分両方が非常に丁寧にくみ上げられており、過不足ない出来である。ドキュメンタリーの真髄である臨場感、この問題は私たちの問題だ、と思わせる筆致と構成は、なかなかに練達である。歴史の部分においては資料に、論理の部分においては明確な理論に則って文章をくみ上げており、サイエンス・ライティングとしての読みやすさ、レベルの高さも目を引く。
実際の暗号解読をテンポよく行うことで、上っ面をなぞるだけではない、腰のしっかりとした本になっている。その腰の深さを、歴史上の暗号闘争を活写することで、むしろ前のめりに読ませる力へと変化させているのが、この本の圧倒的なうまさであり、面白さである。名著。

この先には

2018/01/28

f:id:apricot53:20170430053621j:plain

 

広大な広場がありました

「日本の賃金-歴史と展望-調査報告書」  連合総合生活開発研究所 2012年12月

http://rengo-soken.or.jp/report_db/file/1355818141_a.pdf

お久しぶりです(><)
気付けばもう3月も終わり…。
ギルド主演ドラマ『NECK』最終回を見て、錠さんの思いや柔らかい笑顔にほっこりし、『さよならは歩き出す』にじーんとし、翔さんのハピホワ動画を見てニヤついたり、ファミマに入る度翔さんとキャンさんの声に癒されたりと…ブログの更新は滞ってしまっていましたが、私の生活の中にはボンバーさんがいつもいます。

これからの予定を書きますー!

 3月29日:『ふしぎ遊戯』ライブビューイング

キャンさんの勇姿を見るために!
ライブビューングがあって良かった~(^-^)
福岡で見てきます。

上映館にてグッズも販売されるようですね。
ブロマイドセットとか、キャンさんがどーんと載ったフェイスタオルまで!
これはファン必見です。

しかし舞台公演デビューしたキャンさん、本当にすごい。
カミカミの神(翔さん談/命名うまいw)が降臨しないよう私もお祈りします( ˘ω˘ )

翔さんもDAIGOさんと一緒に公演を見に行ったそうで。
そして、翔さんはキャンさんの誕生日プレゼントに『こち亀』をあげて、パンを差し入れしたようです(笑)
気持ちが大事ですもんね、気持ちが(^-^≡^-^)
何はともあれ、三十路バースデーを迎えたキャンさん、おめでとうございます★

 

3月31日:musicJAPANplus GIG vol.6 supported by JOYSOUND

福岡にて開催されるライブイベントに参戦します!
出演バンドは、”Anli Pollicino / ギルド / Blu-BiLLioN / LEZARD”
ギルドさん以外初めてです。
アンリさんも出演するとのことでしたので、参戦してみることにしました。
正直ちょっと不安です。
アンリさんとギルドさんは、フリは未熟者でも、曲は分かると思うのですが…他のバンドさんは曲もわからないので…(-≡-)
まぁ知らなくても、周りを見て、流れに任せて楽しむ…これがイベントの醍醐味というものでしょうか(^-^)

そして今頃知ったんですが…アンリさんのサイン会が開催されるんですね(^-^≡^-^)

musicJAPANplus GIG Vol.6 supported by JOYSOUNDの各会場で、
Anli Pollicinoグッズをご購入頂いた方を対象に1点に限り、イベント終演後サインをさせて頂きます。
グッズご購入時に「サイン会参加券」をお渡しさせて頂きます。
イベント終演後、商品をお開け頂き、「サイン会参加券」と共にサイン会場所までお持ちください。
なお、サインをするメンバーは各会場1名となります。誰が出るのかは当日、メンバーTwitterにて告知致します。

---Anli Pollicino - News

 え、いいなあ(^-^≡^-^)
枚数に限りがあるようなので、手に入るかどうかわかりませんが…_:(´ཀ`」 ∠):_
ギルドさんも同様のサイン会があることをこの後また知りました(笑)

 

6月26日:Anli Pollicino Tour 2015「STARGAZER」in 福岡

安定のぼっち参戦。
そして、初めてのアンリさんワンマンライブ参戦でございます(⊃-^) 
私は、GuitarとDJ担当のYo-1さんファンです╰( •ө• )╯
下手でひっそり楽しもうと思います(笑)

 

7月24日:ゴールデンボンバー 2015年ツアー in 長崎

長崎公演当たりました!

こちらもぼっち参戦。
今年は会場数が減って、エントリーしたのも長崎一本だったので…去年以上に結果発表までが恐ろしかった。
でもよかった、今年もボンバーさんに会える。
今年はどんなライブになるんでしょうね(^-^≡^-^)

 

 

今後の予定はこれくらいかな。
あぁぁぁ、今年もライブに行けることが本当に嬉しいです。
ボンバーさんのライブはもちろん、ギルドさんに今年はアンリさんも!
楽しみで仕方がないです(⊃-^)

ではまた★